薬剤師mokaのいらすとブログ

iPad Proで絵を描きます。新米薬剤師です。

他人を見下す薬剤師に出会った話

f:id:kiitos-moi:20190409180550p:plain

自分の知識を、人にひけらかして偉そうにする人が苦手です。

 

職業柄、人より物事をよく知っている人っていますよね。例えば医者は医療に関する知識を多く持っていたり、弁護士は法律に精通していたり。

 

多くの知識を持っている人って、すごいと思うし、努力もしてきたでしょうから尊敬委はしますが、もし、そんな人たちから、「こんな事も知らないの?」って上から目線で言われるどう思いますか?

その知識で飯食ってる人に、全く畑違いの分野で働いている人が、知識面でかなうわけ無いのに、知らないことをバカにしてくる人が一定数いるんです。

 

私の体験談になりますが、今日はそんな一例を語りたいと思います。

人より偉いと思ってる薬剤師

学生の頃はなぜか、「私、偉いから」なんていうプライドを持っている薬剤師によく出くわしました。

いい年しているくせに、「薬剤師は看護師より偉いからね。」って言ってきたり、患者さんに迷惑がられてるのに、服薬指導を強行したり、薬の知識の無い医療事務の人を小馬鹿にしたり。

完全なる反面教師たちです。

 

医師、薬剤師、看護師、たくさんの医療従事者の支えで医療は成り立っています。もちろん医師にしかできないこと、薬剤師、看護師にしかできないこと等、職業による差はありますが、異なる職業、知識を持つもの同士で優劣をつけ合う意味が全くわかりません。

しかも、このセリフを、実習してる学生に、部長クラスの人が言ってきたんですから、驚きです。

人を見下す薬剤師のイラスト

 服薬指導を強行する薬剤師も意味が分かりません。服薬指導が重要なのはわかるけど、患者さんが迷惑に感じているなら、薬剤師がやるべきことは、「服薬指導は必須だから絶対やる」とかなんとか言って強行突破することではありません。

患者さんに、服薬指導が嫌な理由を聞いて、患者さんにとって一番いい方法で服薬指導できるように工夫したりするべきです。

 

医療事務と薬剤師が仲違いすることは、珍しくないと聞きますが、薬剤師が医療事務の人に、薬の知識がないと言って文句をつけるのは、完全におかしいです。

医療事務の人には、その方達の役割があるわけで、薬の知識を持つのは薬剤師の仕事なんですから。

 

こんな感じで、ちょっと変なプライドを持つ人が、薬剤師の中には多いような気がします。

常に謙虚な姿勢であるべき 

プライドが高い人って、何かしら、「自分はこれをやり遂げたから偉いんだ」という自信があるのかもしれません。

 

確かに人よりも勉強して、努力して多くの知識をつけている人達は称賛に値すると思います。
プライドを持つことは自信にもつながるし、決して悪いことでは無いと思うのですが、プライドが高いあまりに他人を不愉快にさせるようになったり、周りが見えなくなったりしたらアウトです。

 

もちろんこれは薬剤師に限った話ではありませんし、薬剤師が全員こうだというわけではないですが、私が学生時代に経験した、ちょっと残念な出来事です。

 

薬の知識が身について、仕事も出来るようになると、こうしたおごりが出てくるのかもしれませんが、こういう人たちには、嫌悪感しか覚えませんでした。

 

私が感じたこの気持ちを忘れずに、今後、こんな態度をとる人にはならないでおこうと、胸に刻んでおこうと思います。