薬剤師mokaのいらすとブログ

iPad Proで絵を描きます。新米薬剤師です。

服薬指導に使える!患者さんからの質問リスト1

新人薬剤師のmoka(@mokapple)です。

 

服薬指導は勉強させられることばかり。
せっかく患者さんから質問をいただいたのに、答えられないこともしばしばです。

 

薬剤師は薬の作用機序は知っていても、実際にすべての薬を使ったり飲んだりしたことはないので、患者さんから質問をもらえるのは本当に貴重な機会だと思っています。

 

というわけで、自分なりに「患者さんからの質問」をもとに、回答を作ってみました。

 

※本回答は参考書籍をもとに作成したものですが、すべての患者さん・症例に適した回答ではありません。あくまで参考として読んでいただけたらと思います。

2種類以上の坐薬の順番

坐薬の順番

※イラストでは坐薬が座薬になっています。訂正いたします。

 

坐剤を入れる順番は、薬の成分と基剤の相性を考えます。

ナウゼリン(ドンペリドン)は脂溶性、アンヒバ(アセトアミノフェン)坐剤の基剤は油脂性なので、影響を受けてしまうんですよね。

なので、ナウゼリンを先に投与し、Tmaxの2時間後を過ぎたころにアンヒバを投与すれば、影響を受けにくい、という様です。

 

患者さんに説明するときは、2剤同時投与によって薬の成分が影響を受けることを説明し、それを避けるために2時間間隔をあけてください、と話せばよいのかな、と思います。

(参考:患者指導のための剤形別外用剤 Q&A

 

amazon

患者指導のための剤形別外用剤 Q&A

患者指導のための剤形別外用剤 Q&A

 

 

楽天

コンタクトレンズを付けたまま点眼していいの?

コンタクトレンズと目薬

私もですが、世の中にはコンタクトレンズの人って多いですよね。

処方された目薬を、コンタクトレンズをつけたまま点眼してよいのかどうかは、かなり多くの患者さんにとって気になる質問だと思います。

 

まず患者さんのコンタクトの種類と、目薬に塩化ベンザルコニウム(BAC)という成分が使われているかどうかを確認します。

 

 

コンタクトレンズが1DAYでないソフトコンタクトレンズであり、かつ使用する点眼剤に塩化ベンザルコニウムが使用されているときのみ、コンタクトレンズを外して点眼してください、と指導します。

(参考:レシピプラス Vol.17 No.4 「1滴」のチカラを科学する!点眼剤

 

amazon

レシピプラス Vol.17 No.4 「1滴」のチカラを科学する!点眼剤

レシピプラス Vol.17 No.4 「1滴」のチカラを科学する!点眼剤

 

 

楽天

こむら返りは揉んだら防げるの?

こむら返りとストレッチ

 患者さんも、私たち医療従事者も、なるべく飲まないといけない薬は減らしたいもの。

こむら返りで芍薬甘草湯を処方される人も多いですが、実は、ストレッチで頻度や痛みの程度を減らせたという実験結果があるようです。

 

因みにですが、遅効性と思われやすい漢方ですが、芍薬甘草湯は服用後5分程で効果が表れるとのことです。

(参考:レシピプラス Vol.16 No.2 よく出る漢方薬ABCビジアブで読み解く! 薬剤師の仕事に役立つ臨床論文50

 

amazon

レシピプラス Vol.16 No.2 よく出る漢方薬ABC

レシピプラス Vol.16 No.2 よく出る漢方薬ABC

 

 

amazon

ビジアブで読み解く!  薬剤師の仕事に役立つ臨床論文50

ビジアブで読み解く! 薬剤師の仕事に役立つ臨床論文50