薬剤師mokaのいらすとブログ

iPad Proで絵を描きます。新米薬剤師です。

服薬指導が出来ない薬剤師

f:id:kiitos-moi:20200525234010j:image

調剤薬局薬剤師の仕事は色々ありますが、新人がまず覚えるべきなのは、「調剤、監査、投薬」だと思っています。

 

ですが、中には基本的な薬剤師としての仕事ができない薬局もあります。

私が入社した調剤薬局では人手が足りず、服薬指導はほぼ全て派遣さんにお任せの会社でした。

 

私の主な仕事は、調剤、監査、在庫管理。
薬剤師として一年働いて、ピッキングは速くなったけど、薬の知識は壊滅的。

フランドルテープの貼り付け場所も、眼軟膏の使い方も分からない上、いつも触る薬が何の薬かさえ知りませんでした。

f:id:kiitos-moi:20200525233801p:image
f:id:kiitos-moi:20200525233757p:image

別の店舗への移動届けを出して、初めて本格的に投薬をしてみて気づいたのは、服薬指導の場では、患者さんから学ばせてもらう機会がとても多いという事です。

 

やはり薬の知識は、アウトプットすることで身につきます。

患者さんに説明することで、薬剤師自身も学ぶ事ができます。新人のうちは、常に患者様から学ばせてもらう気持ちでいることが大切ですね。

 

こういった特殊な薬局で辛いのは、その店舗にずっと居るならまだしも、もう新人扱いしてくれなくなった頃に別の店舗や転職先で、「え、こんな基本話的なこともできないの?」と言われてしまうことです。

 

実際に私はそうでした。

それが悔しくて、自宅に帰って、毎日本を読んで、自分に足りないと思う点を勉強して、ようやく「あなたはちゃんと薬の知識があるね」と言われるまでになれたので、間違ってはいなかったと思います。

 

正直就職先は運ゲーです。ハズレを引いたら苦労するしかありません。

せめて、そんな環境から逃げ出してきた薬剤師がいたら、暖かく接して欲しいな、と思います。