薬剤師mokaのいらすとブログ

iPad Proで絵を描きます。新米薬剤師です。

もしiPadが全薬局に導入されたらどう活用できるか考えてみた

ブログタイトル

 

新米薬剤師のmoka(@mokapple)です。

私の薬局は、電子薬歴は導入されてはいるものの、まだまだ手作業、手入力が多い印象です。

というわけで、薬局に、WifiとiPadが完備されたら、どれだけ便利になるか、妄想してみました。

 

尚、この記事はあくまで、こうなったらいいな~という妄想であり、実際に実現は難しいことや、すでにサービスが実施されているものも含まれているかもしれませんが、ご容赦願います。

添付文書を完全電子化

添付文書を電子化

添付文書は確かに基本的な薬の情報を網羅した、最も信頼のおける情報の1つですが、1つ1つの箱にいちいち入っていることで、すっごい邪魔なんです!
錠剤が取り出しにくい。

ゴミもかさばりますし、資源の無駄遣い感が半端ないです。

 

要するに、1つの薬につき必ず添付文書が薬局に保管されていて、その資料をいつでも薬剤師が確認できる状況であれば、添付文書が薬の箱にくっついている必要って、無いと思うのですが。

 

もし全薬局にiPadが導入されたら、箱に入っている紙の添付文書は撤廃され、すべてタブレット端末で見れるように!
不要な添付文書を捨てる事もなくなり、紙ゴミの削減、調剤の効率化にもつながります。

 

電子化にすることで、更新も容易になるため、常に最新のデータを見れるのも嬉しいですね。  

 

ここ最近変わった内容に関しては、添付文書を開いたときに、分かるように強調してくれたら更に嬉しいです。

 

ただ、災害の時や、万が一ネットが繋がらなくなった時のことを考えて、一部くらいは添付文書を紙媒体で、ファイルにまとめておくのも大事かもしれません。

患者指導資材を電子化

服薬指導資材にアクセスしやすい

私が服薬指導の時に参考にするのが、製薬会社さん発行の薬の説明書や(特に吸入剤など)、くすりのしおり。

ですが、これらを検索しようとなると、数少ないパソコンにアクセスしなければならず、患者さんに見せるのも紙媒体で印刷しなければいけないため、手間がかかります。

 

iPadだと場所もとらないので、監査台や投薬台に持ってきて、資料を患者さんに見せながら服薬指導したり、質問や理解度に応じてその場で必要な資料を検索出来たりと、とても便利ですよね。

 

飲み忘れた時の対処法や、注意すべき副作用など、よく出る薬は覚えてても、なかなかすべての薬については覚えられないもの。

私は薬剤師歴も浅いので、患者さんに質問を受けた時に、自信がなくて答えられない事もしばしばです。

ちょっと調べてきますね、というと、急いでるからだったら良いわ、なんて言われてしまう事もあって、情けないなぁと思う事も。

 

服薬指導にタブレット端末が使えると、わからないことをすぐ調べられるので、患者さんの疑問にすぐ答えられますよね。

 

 

私の薬局では、紙の指導箋を、薬ごとに分けて棚に保管しているのですが、たまに切らしてしまったり、発注の手間がかかったりするんですよね。

もし患者さんに、紙媒体で欲しいと言われたら、その場で印刷して渡せば良いですし、服薬指導に必要な書類を電子化するのは、添付文書と同様、資源の節約にもなります!

 

さらに、高齢の患者さんも多い中、紙の説明書では見えにくい文字も、電子端末だと拡大出来るので、読みやすくなりますね!

タブレットで薬歴入力

タブレットで薬歴記載

 

持ち運びが簡単なため、投薬台にiPadを持ってきて、服薬指導しながら薬歴を入力もできるようになります。

すべて入力するのは難しくても、毎回確認すべき事項などは、チェックさえ入れれば薬歴に反映できると助かりますね!

ツイッターのフォロワーさんに教えていただいて知ったのですが、似たようなサービスはすでに世の中にあるとのこと。

 

本当に患者さんのことを考えて、医療従事者として貢献していくなら、薬を出す速さや、投薬でさばいた人数を評価するのではなく、こういった対人業務に設備を投資して、もっとより良いものにしていけないのかな、と思うのは贅沢なのでしょうか。