薬剤師mokaのいらすとブログ

iPad Proで絵を描きます。新米薬剤師です。

【イラストで学ぶ】PL配合顆粒

f:id:kiitos-moi:20190319195759p:plain

 新人薬剤師のmoka(@mokapple)です。

先日、薬剤師となって初の冬を迎え、PL配合顆粒祭りを迎えました。

しかし、恥ずかしながら、PLに入っている薬の成分を把握しておらず、ただ「総合感冒薬」というイメージしか無かったんですよね・・・。

 

そこで、PL配合顆粒についてイラストでまとめてみました。

PL配合顆粒の成分

PL配合顆粒の成分

NSAIDSとアセトアミノフェンが入っていて、後は抗ヒスでアレルギー症状を押さえつつ、その眠気防止にカフェインが配合されている、といったところでしょうか。

 

つまり、PLは、NSAIDSとアセトアミノフェンで風邪の頭痛、のどの痛み、熱の症状を抑え、プロメタジンで鼻水やくしゃみなどのアレルギー症状を改善する薬です。

PL配合顆粒の効き目

PL配合顆粒の禁忌

PL配合顆粒の禁忌

気軽に使えそうな風邪薬、というイメージを持っていましたが、禁忌にもしっかり注意を払わないといけません。

成分ごとに簡単に禁忌をまとめてみましたが、やはり一番気を付けなければならないのは、緑内障と前立腺肥大の患者さんでしょうね。

 

あと、こちらはツイッター上で薬剤師の先輩から教えていただいたのですが、「2歳未満の乳幼児」への投与も禁忌です。

海外で、プロメタジン投与で、呼吸抑制が起こった事例があったようです。

参考

今回の記事は下記資料をもとに作成しました。

※本記事は、薬剤師等の医療従事者を対象とした勉強用の記事であり、一般の患者様向けではありません。薬の服用はかかりつけの医師・薬剤師の指示に従っていただくようお願いいたします。