薬剤師mokaのいらすとブログ

iPad Proで絵を描きます。新米薬剤師です。

新人薬剤師の私が1年目で経験した仕事・感じたこと

 新人薬局薬剤師のmoka(@mokapple)です。

この記事を書いているのは、薬剤師1年目生活ももうすぐ終わろうとしている頃です。

 

新人1年目って、覚えることは多くて、何もかも、新しい事だらけで疲れますよね。
国家試験も大変でしたが、薬剤師1年目も大変でした。 

初めての投薬

初めて服薬指導をする新人薬剤師のイラスト

服薬指導ができるようになると、薬剤師になったんだな~って実感しますが、やっぱり緊張するんですよね。


きちんと服薬指導できているのかな?何を聞けばいいんだろう?疑問ばかり。
本当に何もかもがわからないですし、そもそも自分自身の薬の知識もあやふやの状態です。

 

先輩薬剤師に、確認すべき事項や、絶対伝えなければいけない項目をしっかり聞いてから挑みましたが、いざ投薬台に立つと緊張で吹き飛ぶんですよね。

 

投薬台にパソコンがあるおかげで、わからないことはすぐ調べらますし、薬と一緒に渡す指導箋を読んだりして、とにかく知識を補いながらの服薬指導でした。

服薬指導前に調べごとをする薬剤師のイラスト

一包化を成し遂げた後の達成感

一包化が終わったイラスト

一包化の処方って重いので、終わった後の達成感がすごいです。


もちろん一包化は好きではないですけどね・・・。指示があると、「うぁあ~~」ってなります。
調剤にも監査にも時間かかるし、でも患者さんを待たせすぎてはいけないし・・・。
2時間かかります、なんて伝えてしまうと、患者さんも決していい反応してくれないんですよね。

 

患者さんのコンプライアンス向上のためには重要なことだ、というのはわかっているのですが、調剤も監査も遅い新人、せかされながら、それでも間違えないようにしないと・・・というプレッシャーがすごいです。

 

いつかサラッとこなせるようになったらいいのですが。

おまけ:一包化って絡むよね

余談ですが、私は監査が下手です。
一包化の監査やると、日数が長いやつは絡みます。絶対です。

そして、どっか引きちぎりそうになる恐怖と闘いながら、監査してます。

恐怖の欠品

「全国どの医療機関の処方箋も受け付けます」なんて書いてますが、すべての薬の在庫があるわけははなく・・・。

 

名前も聞いたことのないような薬が書かれた処方箋が来たり、高額であまり在庫が置いていない薬の処方箋が割と来たりしてヒヤヒヤです。

 

高い薬をケチって、次回患者さんが持っていくであろう日数分きっちりに準備していたら、日数が増えて、まさかの欠品、なんてことも。

薬が足りないと知ると、怒り出す患者さんもいますから、大変です。

何分で出来ますか?

調剤薬局の日常

関西という場所柄のせいなのか、わかりませんが、とにかく患者さんに急かされる事が多いです。

薬を準備するなんて、5分で出来るでしょ、と言わんばかりの圧力を受けます。

確かに薬を袋に入れること自体は5分でできるのですが、その間に色々な作業があることは知られていないですもんね。

 

そして。軟膏の練りや、一包化を急かしてくる人には、本当に泣かされます・・。
1度体験してもらって、どれだけ時間がかかるかわかってもらいたい。

 

私は軟膏の練りが苦手でして、いっつも手をべたべたにしてます。
ヴォルデ・・違った、デルモベートでも容赦なく手にくるので、その後も処理も大変でした。

処方箋から疾患名が読み取れない

処方箋に疾患名を書いてほしい

ある程度の数の処方箋を見ていると、なんとなく、どんな疾患名かはわかるようになったのですが、それでも疾患名は処方箋に書いてほしいです。

 

何の疾患に対して薬を出されているか、それがわかるだけですっごく助かるんです。
むしろ、疾患名もわからずに、服薬指導だけしろ、っていうのが、どれだけ無茶ぶりか・・・。

 

薬にも色々適応があるので、患者さんに薬の説明して、「そんな薬なんて聞いてないけど」って言われたときは、やってしまったー!と思いました。

1年間の感想

薬剤師1年目の感想、一寸先は闇

1年間薬剤師をやってみた感想は、「一寸先は闇」。

 

どの仕事でもそうでしょうが、思い描いていた薬剤師像とのギャップに驚きを隠せず、「私、何やっているんだろう・・」的な負のループに入りました。

 

思ったよりも事務的な作業が多いし、「相互作用や重複投与を見落とすのは良いけど、薬だけは早く出してね」的な空気があまり好きになれません。


業界全体がクレームに屈しすぎなんですよ。

色々確認するから遅くなるのは当たり前なのに、クレーム対策のために、「とにかく早く」「過誤はなしで」というのは無理な話です。

 

まぁそんなこんなで、商品名と一般名が全く一致しない(本当にガスターくらいしかわからなかった)、新人薬剤師ですが、なんとか1年目も終わりを迎えようとしています。

 

あれだけ国試で勉強したのにここまでわからないとは思わなかったよね!というのが真っ正直な感想です。

 

添付文書の内容が、新人にとって唯一の頼みなのに、普通に添付文書以外の使い方もあるから、どう判断して良いかわからなくて、何度も本を読み直しました。

 

投薬台に立った瞬間、財布を出して「いくら?」って聞いてくる患者さん。

「棚から薬出すだけで管理料とか何とかとるんでしょ?」って言われたことも...。

 

本当に、薬剤師って必要ないんじゃないかな、って思う事はたくさんありました。

 

それでも、危ない薬の飲み方をしていたり、何の薬か全く知らずに飲んでいたりする患者さんにお薬の説明をして、理解してもらって、安堵したり。

 

どっちかというと、大変で、落ち込むことの方が多かったのですが、薬剤師になって実際に働いてみたことで見えてきたこともいっぱいありました。

 

2年目は、自分が目指す薬剤師像に向かって、頑張っていきたいと思います。